2018/1
ISO9001:2015年に規格改訂しました
2016/3/17
2015年度経営者「環境力」大賞を受賞した記事が日刊工業新聞で掲載されました。
2013/03/15
日刊工業新聞に本社新設の記事が掲載されました。
2010/03/10
ISO9001:2008に切り替えを完了しました。
2010/02/18
クリーンな環境で仕上、梱包作業が出来るようにブランチ1階にクリーン対応ルームを増設いたしました。対応ルームの入り口はエアーシャワーを設置しました。品質向上のため、お客様満足度向上の為改善を進めていきます。

● 最強のネットワーク

ネットワークを駆使してどんな悩みも解決

東新プラスチックは昭和36年に創業し、その間に培った協力企業様のネットワークは350社以上。
深く協力関係を築いています。
そして、そのネットワークを駆使し新たな展開を行います!

● 東新プラスチックのネットワークを使った、高効率な製品開発

  • 製品(ニーズ)に合った企業とタイアップ

    設計や製造の方と打ち合わせを行うことで、作りたい製品にあった加工業者をご紹介できます。
    加工は加工のプロにご相談下さい。一緒に最高の製品を作りましょう。

  • 複数の加工の取りまとめ

    複雑な製品は1社では難しい場合も多々あります。そこは弊社が取りまとめ役としてすべての加工に責任を持ちコーディング致します。材料調達から加工、表面処理、梱包まで弊社のネットワークで出来ない物はありません。

  • 信頼から生まれる真のコスト

    普通に依頼するよりも仲間からの依頼は安くなります。東新プラスチックはこれまでの信頼から仲間価格で加工して頂いています。弊社を通すことで逆に安くなる。そういったケースも多々あります。

● 射出成形への愛情

創業から今まで常に射出成形を行ってきました。射出成形に悩まされたりしながらずっと一緒に育ってきました。だからこそ、射出成形を愛しています。射出成形を裏切らないために設備を整え、日々改善策を模索しながら働いています。射出成形において、妥協しないのが東新プラスチックです。

金型の設計から提案していく!
製品の良さを決めるのは、金型です。東新プラスチックは製品の癖を理解した上で、金型メーカーに頼みます。製品ごとにポイントが異なりますので、常にその製品にあった金型設計を行います。
射出を熟知しているからこそ、後工程まで考えた質の高い金型を作ります。
最新の設備で射出成形を制御!
金型の出来が良くても、射出工程がしっかりしていなければ、良製品は出来ません。弊社は最新の設備とこれまでのノウハウにより、製品の質を高めています。丁寧に、気を配りつつ、素早く行動する。不良が少なければ、コストも安くできます。
これが50年以上射出成形を行ってきた東新プラスチックのスタイルです。
充実の検査体制!
いくら気を付けて作業しても、射出成形では不良は発生します。しかし、不良は社内で止めて、流出させないことでお客様からの信頼を得ています。そのために、検査体制には力を入れています。
目視検査はもちろん、CCDカメラによる検索を行っています。
ただし、射出成形においては突発的な不良品が発生することがあります。
品質には自信がありますので、ぜひご相談下さい。
クリーンルームでの射出成形
精密部品と一般部品は同じ環境ではできません。埃の流入すら気にする精密部品については、弊社のクリーンルームで加工、検査、梱包を行います。
すべては射出成形のために、そしてお客様のために。これが弊社のやり方です。